債務不履行とは

契約したら債務不履行にならないように

契約関係が成り立っている時、両者の間には約束事が決められています。 本来はその約束を守る必要が有りますが、正当な理由がないのにそれを守らない事を債務不履行と言います。 だから、お金で考えると融資を受けたのにその返済をしていないという事です。 債務不履行には何種類かあります。 その一つが約束の日よりも返済が遅れてしまう事で、履行遅滞と呼ぶ物です。 返済の期日が決まっているのに返済しない、またそれに対して正当な理由もない場合がこれに当たります。 では遅れても返済できるならと、その期日自体を債権者が延長してくれたとしましょう。 それによって返済できればOK、しかしそれでも返済できない場合は履行不能と呼ばれます。 もう返す約束自体が守れなくなっている状態です。 また期日までに一応返済してもまだ一部が残っている事もあります。 それを不完全履行と呼びます。 文字を見る通りの内容で、履行するにはしたけれど、完全ではない事です。 こうなってしまうと債権者は困ってしまいます。 そこで民法ではこの時にどの様にするべきなのか、どうしても良いかという事を定めているのです。 まずは履行を強制する事、さらにそれによって損失が出てしまった時は損害賠償請求、さらに正常に行われていない事を理由に契約解除が認められています。 お金を借りた時、どうしても返済できなくなってしまう可能性は誰にでもありますが、貸してくれている相手には迷惑を掛けてしまう物です。 借りる時は身の丈に合った融資額にする事と、無理のない返済計画を立てる必要が有ります。

関連ページ

キャッシング審査基準について
キャッシング審査基準について気になる方へ役立つ情報をお届けします