キャッシング審査基準について

キャッシングの審査基準を知りたい

キャッシングの審査基準は年齢、収入、雇用形態、勤務先、職業、持ち家か貸家の別、家族構成および扶養親族などが確認されます。 年齢は基本的に20歳以上からで、業者により60歳から70歳などの上限があります。 申し込み可能な年齢を満たしているかはもちろんのこと、年齢に見合った収入を得ているかが確認されます。 収入は基本的には高いほうがいいわけですが、高くてもその時々によって収入が違う変動のあるケースでは必ずしもいい評価が得られないかもしれません。 雇用形態は身分が安定し雇用継続の可能性が高い正社員や公務員が、審査をクリアしやすくなります。 収入が不安定で病気やケガをして働けなくなった時の保障が薄い自営業者や、身分が不安定な派遣社員、パート、アルバイトは希望通りの利用限度額を得られない場合もあるかもしれません。 職業は収入が安定している事務職なのか、歩合制の営業職なのか、自分の能力が収入に影響する自由業なのかなどがチェックされます。 持ち家か貸家かは資産のチェックとして用いられます。 持ち家の場合、いざ返済不能となれば家を売却して換金することも可能なので、持ち家でかつ住宅ローン無しは有利になるかもしれません。 また、家族構成については自分1人で収入のすべてを自分の生活や支払いに回せる人や、パート勤務の主婦などで安定した職業に就いた配偶者がいる場合は有利に働くでしょう。 一方、家族が多く、かつ専業主婦の妻や子供など、自分の収入で養うべき扶養親族が多い場合は、返済余力が小さいという判断材料になります。

関連ページ

債務不履行とは
債務不履行について気になる方へ役立つ情報をお届けします