会社一覧

会社一覧

 

SMBCコンシューマーファイナンス株式会社のプロミス

 

三菱UFJフィナンシャルグループのアコム

 

東証一部上場のアイフル

 

イオン銀行

 

新生銀行カードローン レイク


80万円借入可能!会社一覧

休日 詳細情報 金利 融資限度額 融資速度
プロミス 4.5% 〜 17.8% 500
万円
★★★★★
アコム 3.0% 〜 18.0% 800
万円
★★★★☆
東証一部上場のアイフル 4.5% 〜 18.0% 500
万円
★★★☆☆
× イオン銀行 3.8% 〜 13.8% 10万円〜800万円
(10万円単位)
★★☆☆☆
新生銀行カードローン レイク 4.5% 〜 18.0% 500
万円
★★★☆☆


お金の悩みなら

借入極度額と契約限度額について
キャッシングなどを利用する場合には、借入限度額内で利用することが前提になります。 借入限度額は契約限度額という名称でも用いられている会社も多く、意味は同じことであり契約時点で利用が可能な金額のことです。 今後の返済状況に応じて増額を許可するときの上限の金額として定められていることが多く、金融会社の今後の経営の状況などを考える指標として設定されていることが多いです。 キャッシングを申し込むと収入の状況に応じて契約限度額が設定され、最初は少ない金額で契約を行うケースが多いです。 借入極度額はあくまでも目安の金額であるために、増額が行われない状況であれば意味を成さないことが現実です。 最近では総量規制などの法改正もあり契約限度額が増額されることが少なくなったために、限度額の金額内で金銭計画を行う必要性があります。 キャッシングとはお互いの信頼関係で成り立っているために、きちんとした返済を行わなければ信頼関係を壊すことになります。 キャッシングの限度額はあくまでも参考の金額であることを認識し、いっぱいまで使わないように必要最小限の利用を行うことを心がける必要があります。 限度額を高く設定した場合には金銭感覚が麻痺する恐れもあるために、滞納のリスクを避ける目的で少なくするケースも多く滞納された場合の損害を少なくできます。 借入極度額は最近ではあまり使われなくなっている傾向にあり、余程のことがない限り活用されない会社が多いです。

会社一覧エントリー一覧